PDCワールドダーツチャンピオンシップ (PDC World Darts Championship)

PDCワールドダーツチャンピオンシップとはプロフェッショナルダーツコーポレーション(PDC)が開催するダーツのメジャー大会である。毎年12月の中旬に始まり、1月3日上旬に決勝戦が行われる。現在ダーツの大会の中で最も賞金額の大きい大会である。2022年からネームスポンサーがCazoo社となったことで、公称はCazoo World Darts Championshipとなった(2021年まではWilliam Hill World Darts Championship)。

PDCワールドダーツチャンピオンシップ

PDCワールドダーツチャンピオンシップはPDCのトッププレイヤーと世界中で開催される予選を勝ち抜いた合計96名の選手によって行われるトーナメントである。2022年に開催されるCazoo World Darts Championshipの賞金総額は£2,500,000(約4億1753万円*)となっている。



PDCワールドチャンピオンシップの出場資格

PDCワールドチャンピオンシップは3つの出場枠がある。

1.PDCオーダーオブメリット

PDCオーダーオブメリットは過去2年間のPDCランキングイベントで獲得した賞金額をランキングにしたもので、上位32名は出場権とシード権を獲得する事がでる。シード権を獲得した選手はトーナメントの2回戦からの参加となる。


2.PDCプロツアーオーダーオブメリット

PDCプロツアーオーダーオブメリットはプレイヤーズチャンピオンシップとヨーロッパツアーイベントで過去12ヶ月に獲得した賞金に基づいてランキングされる。PDCオーダーオブメリットで選出された選手を除いたPDCプロツアーオーダーオブメリットの上位32名がワールドチャンピオンシップの出場権を獲得できる。


3.国際予選

世界中で開催される国際予選で32名の選手が出場権を獲得することができる。




PDCワールドチャンピオンシップの賞金

写真:2021ガーウェン・プライス

2022年のPDCワールドチャンピオンシップは賞金総額 £2,500,000(約4億1753万円*)で優勝賞金は£500,000(約8,322万円)でダーツの大会で最も大きい賞金額となっている。

*2022年10月15日編集時の£1=166円で計算

優勝: £500,000(約8,300万円)

準優勝: £200,000(約3,322万円)

セミファイナリスト: £100,000(約1661万円)

ベスト8: £50,000(約830万円)

第4ラウンド敗退(ベスト16): £35,000(約580万円)

第3ラウンド敗退(ベスト32): £25,000(約415万円)

第2ラウンド敗退: £15,000(約249万円)

初戦敗退: £7,500(約124万円)

合計 £2,500,000



PDCワールドダーツチャンピオンシップの歴史

ブリティッシュ・ダーツ・オーガナイゼーション(BDO)に所属していた16名の選手がワールド・ダーツ・カウンスル(WDC)を設立し、1993年にBDOとWDCは完全に分裂した。1994年に初めてWDCワールドダーツチャンピオンシップが開催される事となった。BDOはBDOワールド・ダーツ・チャンピオンシップを継続しており、当時はBDOのワールドチャンピオンシップが世界最高峰のダーツの大会だった。1997年にBDOとWDCは和解をし、WDCはPDCとなった。和解をしたことで選手はBDOとPDCのどちらのチャンピオンシップに出場するかを選べるようにはなった(同一年中にはどちらかしか出られない)。その後も両組織は独自のチャンピオンシップを継続して開催し続けたが、2020年にBDOは解散した。2002年に初めてPDCチャンピオンシップの賞金がBDOを上回り、そこからPDCワールドダーツチャンピオンシップが世界最高峰のダーツ大会となった。



ワールドダーツチャンピオンシップ歴代優勝者

写真:2022ピーター・ライト

1994:デニス・プリーストリー

1995:フィル・テイラー

1996:フィル・テイラー

1997:フィル・テイラー

1998:フィル・テイラー

1999:フィル・テイラー

2000:フィル・テイラー

2001:フィル・テイラー

2002:フィル・テイラー

2003:ジョン・パート

2004:フィル・テイラー

2005:フィル・テイラー

2006:フィル・テイラー

2007:レイモンド・ヴァン・バーナベルド

2008:ジョン・パート

2009:フィル・テイラー

2010:フィル・テイラー

2011:エイドリアン・ルイス

2012:エイドリアン・ルイス

2013:フィル・テイラー

2014:マイケル・ヴァン・ガーウェン

2015:ゲイリー・アンダーソン

2016:ゲイリー・アンダーソン

2017:マイケル・ヴァン・ガーウェン

2018:ロブ・クロス

2019:マイケル・ヴァン・ガーウェン

2020:ピーター・ライト

2021年:ガーウェン・プライス

2022年:ピーター・ライト



歴代アベレージ記録

114.05 マイケル・ヴァン・ガーウェン(16/17準決勝)

111.21 フィル・テイラー(01/01ベスト16)

110.04 フィル・テイラー(08/09決勝戦)

109.34 レイモンド・ヴァン・バーナベルド(16/17準決勝)

109.23 マイケル・ヴァン・ガーウェン(15/16ベスト32)


歴代9ダーツ(Nine-Darts)

写真:2022ウィリアム・ボーランド

2009 レイモンド・ヴァン・バーナベルド(準々決勝)

2010 レイモンド・ヴァン・バーナベルド(第2ラウンド)

2011 エイドリアン・ルイス(決勝)

2013 ディーン・ウィンスタンリー(第2ラウンド)

2013 マイケル・ヴァン・ガーウェン(準決勝)

2014 テリー・ジェンキンス(第1ラウンド)

2014 カイル・アンダーソン(第1ラウンド)

2015 エイドリアン・ルイス(第3ラウンド)

2016 ギャリー・アンダーソン(準決勝)

2021 ジェイムズ・ウェイド(第3ラウンド)

2022 ウィリアム・ボーランド(第1ラウンド)


ワールドチャンピオンシップ関連記事

2022年12月15日より開幕する2022/23PDCワールドダーツチャンピオンシップの対戦スケジュールが発表された。今年のワールドチャンピオンシップは、12月15日から23日の9日間で第1ラウンドと第2ラウンドが行われる。そして、3日間のクリスマス休暇の後、12月27日から12月30日の4日間で第 […]

2022/23PDCワールドダーツチャンピオンシップ(2022/23 PDC World Darts Championship)はPDCが主催する第30回目のワールドチャンピオンシップとなる。メインスポンサー(ネームスポンサー)がオンライン自動車販売会社のCAZOO社であることから、2022/23カ […]

レオナルド・ゲイツがニューヨークで開催されたbet365 North American Championshipで優勝し、彼のキャリアで最大の勝利を収めた。 テキサス出身のゲイツは、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われた試合でダニー・バギッシュを6-3で破り優勝し、1万ドルの賞金とC […]

2021/22 William Hill World Darts Championshipを終えてのPDCオーダーオブメリットを更新。PDCオーダーオブメリットはPDCで直近2年間で獲得した賞金ランキングのことである(賞金ランキングに加算されない大会もある)。 今回のWorld Championsh […]

2021/22 William Hill World Darts Championshipは最終日を迎え、マイケル・スミスとピーター・ライトによる決勝戦が行われた。この決勝戦をピーター・ライトが7-5で制して、2度目のワールドチャンピオンとなった。ピーター・ライトはトロフィーと優勝賞金£500,00 […]

>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS