2021/2022PDCワールドチャンピオンシップ

2021年PDCワールドチャンピオンシップ(World Championship)がアレクサンドラパレスで12月15日から2022年1月3日に開催される。2020年は無観客での開催であったが、今年は3000人を超える観衆を迎えて開催する。ワールドチャンピオンシップは世界中からダーツのトッププレイヤー96名が集結し、総額£2,500,000(約376,000,000円)の賞金を争う。優勝賞金は£500,000(約75,000,000円)。

参加資格

96名の選手の選考方法は以下の通りである。

・PDCランキング上位32名

・PDCプロツアー上位16名(PDCランキングと重複する選手がいる場合は順位を繰り下げて参加資格を得る)

・ワールドユースのチャンピオン

・PDPA予選通過者

・国際予選通過者


日本代表の決定方法

日本人の参加枠は2人で、10月10日に行われる2021 PDJ Japan Championshipの優勝者と11月7日に行われる2021 PDC Asia World Championship Japan Qualifyingの優勝者に参加資格が与えられる。


2020年10月10日に開催された2021 PDJ Japan Championshipで優勝者の山田勇樹選手が出場権を獲得した。


2021 PDC Asia World Championship Japan QualifyingはFIFOオンラインカップの第7戦から第9戦のポイントランキングの上位14名と2021 PDC WORLD CUP Japan Qualifyingで優勝した柴田豊和選手、2位の松田純選手とPDCワールドカップに出場した馬場善久選手の合計17名の選手で11月7日にトーナメントが行われる。


PDC | ワールドチャンピオンシップ




>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS