2021 PDC ワールドグランプリ

2021年のボイルスポーツ ワールドグランプリ(BoyleSports World Grand Prix)が10月3日から9日にレスターのモーニングサイドアリーナで開催される。ワールドグランプリはPDCが開催するダーツのトーナメントであり、2021年大会の賞金総額は£450,00(約6800万円)で優勝賞金は£110,000(約1,670万円)となっている。ディフェンディングチャンピオンはガーウィン・プライス。

ワールドグランプリは32名の選手によって行われる。参加資格は2年間のPDCオーダーオブメリット上位16名とPDCプロツアーのオーダーオブメリット16名(PDCオーダーオブメリットと重複しない)。今大会ではPDCランキング上位8名のプレイヤーはシードとなる。シードプレイヤーはベスト8まで試合が当たらないようにトーナメント上に配置されている。また、ベスト8でシード選手が対戦する際もPDCランキング1位と8位、2位と7位、3位と6位、4位と5位で対戦が行われるようになっている。
ワールドグランプリはダブルイン・ダブルアウトルールが設定されている。

2020ワールドグランプリ優勝時のガーウェンプライス



ワールドグランプリ参加プレイヤー

PDCオーダーオブメリット上位16名

(1) ガーウィン・プライス
(2) ピーター・ライト
(3) マイケル・ヴァン・ガーウェン
(4) ジェームズ・ウェイド
(5) ディミトリ・ヴァン・デン・ベルグ
(6) ゲイリー・アンダーソン
(7) ホセ・デ・スーザ
(8) デイブ・チズネル
マイケル・スミス
ネイサン・アスピナル
ロブ・クロス
クシシュトフ・ラタフスキ
ジョー・カレン
ジョニー・クレイトン
グレン・デュラント
ステファン・バンティング

プロツアーオーダーオブメリット

ブレンダン・ドーラン
デイモン・ヘタ
ダーク・ヴァン・ドゥイヴェンボーデ
ルーク・ハンフリーズ
ライアン・サール
ダニー・ノッパート
ロス・スミス
ガブリエル・クレメンス
メンソール・スルジョヴィッチ
ヴィンセント・ヴァン・デル・ヴォート
カラン・リッツ
マーティン・クレーマカー
イアン・ホワイト
ダリル・ガーニー
マービン・キング
ダリス・ラバナウスカス

2021ワールドグランプリ賞金

2021年賞金総額:£450,000(約6800万円)

優勝: £110,000(約1670万円)

準優勝: £50,000(約760万円)

セミファイナリスト (3位タイ):£25,000(約380万円)

ベスト8(5位タイ): £16,000(約242万円)

第2ラウンド敗退者: £10,000(約150万円)

初戦敗退者: £6,000(約91万円)


ゲームフォーマット

2021PDCワールドグランプリは以下のゲームフォーマットで行われる。

第1ラウンド ベストオブ3セット

第2ラウンド ベストオブ5セット

準々決勝 ベストオブ5セット

セミファイナル ベストオブ7セット

ファイナル ベストオブ9セット

全ての試合の1セットはベストオブ5レッグで行われる(3Leg先取で1セット)。 

今大会で行われるすべてのレッグはダブルインスタート&ダブルアウトフィニッシュとなり、プレイヤーはまずダブルを打たなければ得点を取得することができないルールとなっている。

対戦カード

対戦カードは9月27日(現地時間)に抽選が行われる。

→【決定】ワールドグランプリ対戦カード




>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS