【柴田豊和選手優勝】2021 PDC Asia World Championship Japan Qualifying

2021/22PDCワールドチャンピオンシップ出場権をかけた2021 PDC Asia World Championship Japan Qualifyingが11月7日に福岡で開催され、柴田豊和選手が決勝戦で野毛俊平選手を7-1で破り優勝した。この大会で優勝した柴田豊和選手には2021年12月15日から2022年1月3日の期間で開催されるPDCワールドチャンピオンシップへの出場権が与えられた。

2021 PDC Asia World Championship Japan Qualifyingは17名の選手によって行われるトーナメント形式の大会であり、この大会出場者は2021 PDC WORLD CUP Japan Qualifyingで優勝した柴田豊和選手・2位の松田純選手とPDCワールドカップに出場した馬場善久選手の3名と、PDC Asia World Championship Japan Qualifying選考大会に指定されているFIDO ONLINE CUP(フィドオンラインカップ)の第7戦・第8戦・第9戦のポイントランキング上位14名の選手である。

FIDOオンラインカップ第7戦から第9戦の結果より野毛駿平、淋翔太、浅田斉吾、有原竜太、ファウルクス ショウジエドワード、森窪龍己、鈴木康太、畦元隆成、正津貴之、龍波光彦、鈴木徹、羽角英明、榎股慎吾、阿部悠太郎の14名の選手が出場した。(選手名FIDOオンラインカップ第7戦から第9戦のポイントランキング順)


この大会の決勝戦はFIDOオンラインカップ7~9戦のポイントランキング1位の野毛俊平選手と2021 PDC WORLD CUP Japan Qualifyingで優勝しシード枠で出場の柴田豊和選手によって行われた。

柴田豊和選手はこの決勝戦で95.42のアベレージを記録し、大会を通して最高のパフォーマンスで優勝を決めた。柴田選手は1日を通してアベレージ90.72を記録し、今大会でアベレージ90以上を記録したのは柴田選手1人であった。

2021 PDC Asia World Championship Japan Qualifying【結果】

2021 PDC Asia World Championship Japan Qualifying順位

順位選手名平均
1柴田 豊和90.72
2野毛 俊平88.79
3松田 純80.30
3正津 貴之80.08
5ファウルクス ショウジ エドワード89.32
5浅田 斉吾88.98
5鈴木 康太76.31
5羽角 英明72.59
9龍波 光彦84.46
9鈴木 徹83.65
9畦元 隆成80.55
9馬場 善久78.95
9有原 竜太75.63
9阿部 悠太郎74.28
9森窪 龍己73.66
9淋 翔太72.58
17榎股 慎吾68.60

PDCワールドチャンピオンシップについて

2021年ワールドチャンピオンシップ(World Championship)は12月15日から2022年1月3日に開催されるPDC(プロフェッショナルダーツコーポレイション)の大会。今年は3000人を超える観衆を迎えて開催する。ワールドチャンピオンシップは世界中からダーツのトッププレイヤー96名が集結し、総額£2,500,000(約376,000,000円)の賞金を争う。優勝賞金は£500,000(約75,000,000円)。

【詳しく見る↓】

FIDO | PDC | ワールドチャンピオンシップ
>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS