ガーウェン・プライス タイトル防衛へまずは1勝【2021/22 William Hill World Darts Championship】

ワールドダーツチャンピオンシップWorld Darts Championship)のディフェンディングチャンピオンであるガーウェン・プライスは開幕初日の第4試合で登場。シードであるプライスは、開幕戦でピーター・ハドソンを破ったリッチー・エドハウスとの2回戦を行った。

試合序盤でダブルが決まらなかったプライスは、エドハウスにオープニングセットを奪われる。プライスの防衛戦は1セットビハインドで始まった。

第3セットでもプライスは0-2で追い詰められたが、現ワールドチャンピオンの反撃はここからが始まった。プライスは0-2まで追い詰められた第3セットを15ダーツ、14ダーツ、12ダーツで逆転。その後の第4セットで15ダーツ、12ダーツ、13ダーツと圧倒的なダーツをしたプライスはセットカウント3-1で勝利した。



プライスは「序盤はダブルを外してしまったが、後半は良いダーツが出来ました。時折厳しいゲームがあるけれど、それを乗り越えないとね」とタイトル防衛への意気込みを語った。

今回の試合で勝利したプライスは、クリスマス休暇の後に行われる3回戦でキム・ハイブリクス、スティーブ・ビートン、ファロン・シャーロックのなかの勝者と対戦することになる。


Day1結果

2021/22ワールドダーツチャンピオンシップ開幕初日の12月15日(日本時間)では1回戦が3試合と2回戦が1試合の合計4試合が行われた。1回戦・2回戦のゲームフォーマットはベストオブ3セット(1セットはベストオブ3レグ)で行われる。[…]


レオナルド・ゲイツがニューヨークで開催されたbet365 North American Championshipで優勝し、彼のキャリアで最大の勝利を収めた。 テキサス出身のゲイツは、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われた試合でダニー・バギッシュを6-3で破り優勝し、1万ドルの賞金とC […]

2021/22 William Hill World Darts Championshipを終えてのPDCオーダーオブメリットを更新。PDCオーダーオブメリットはPDCで直近2年間で獲得した賞金ランキングのことである(賞金ランキングに加算されない大会もある)。 今回のWorld Championsh […]

2021/22 William Hill World Darts Championshipは最終日を迎え、マイケル・スミスとピーター・ライトによる決勝戦が行われた。この決勝戦をピーター・ライトが7-5で制して、2度目のワールドチャンピオンとなった。ピーター・ライトはトロフィーと優勝賞金£500,00 […]

ついに2021/22 William Hill World Darts Championship(ワールドダーツチャンピオンシップ)は決勝戦を残すのみとなり、決勝戦はピーター・ライトとマイケル・スミスの対戦となった。 試合は1月3日(日本時間1月4日AM5:00)より行われる。決勝戦のゲームフォーマ […]

2021/22 William Hill World Darts Championshipの15日目は準決勝のが2試合行われた。 マイケル・スミス 対 ジェイムズ・ウェイド マイケル・スミス 6-3 ジェイムズ・ウェイド スミス ウェイド 100.98 Average 95.43 16 180 5 […]

>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS