Day1 対戦スケジュール【2021/22 William Hill World Darts Championship】

ついに2021/22ウィリアムヒル・ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ2021/22 William Hill World Darts Championship)が開幕となる。開幕初日の12月15日(日本時間12月16日)からディデンディングチャンピオンのガーウェン・プライスが登場し、タイトルの防衛戦を始める。


Day1 対戦カード

12月15日(水) Day1

(日本時間では12月16日4:00からDAZN・PDCTV等で中継開始)

第1ラウンド3試合,第2ラウンド1試合

リッチー・エドハウス 対 ピーター・ハドソン (1回戦)

リッキー・エヴァンス 対 ニティン・クマール (1回戦)

エイドリアン・ルイス 対 マット・キャンベル (1回戦)

ガーウェン・プライス 対 リッチー・エドハウスorピーター・ハドソン(2回戦)


Day1の出場選手

第1試合:リッチー・エドハウス 対 ピーター・ハドソン

リッチー・エドハウス(Ritchie Edhouse)は現在PDCオーダーオブメリット80位のプレイヤー。プロツアーオーダーオブメリットから出場権を獲得した。

ピーター・ハドソン(Peter Hudson)は現在PDC127位のプレイヤー。出場を辞退した中国のウェンに代わり出場権を獲得した。


第2試合:リッキー・エヴァンス 対 ニティン・クマール

リッキー・エヴァンス(Ricky Evans)はPDC40位のプライヤー。プロツアーオーダーオブメリットの成績により出場権を獲得した。2011年にはPDCワールドユースツアーイングランドで優勝、2013年にはPDCチャレンジツアーイングランドで優勝している。

ニティン・クマール(Nitin Kumar)はインド予選を勝ち抜いたインド人選手。


第3試合:エイドリアン・ルイス 対 マット・キャンベル 

エイドリアン・ルイス(Adrian Lewis)は現在PDC35位。過去に2度ワールドダーツチャンピオンシップで優勝している。PDCでの獲得タイトル数は25のベテラン選手。

マット・キャンベル(Matt Campbell)はEUチャレンジツアーに優勝した事でPDCワールドチャンピオンシップの出場権を獲得した。


第4試合:ガーウェン・プライス 対 第1試合の勝者

ガーウェン・プライス(Gerwyn Price)はPDC1位の現ワールドチャンピオンである。今大会の優勝予想オッズは1位。


レオナルド・ゲイツがニューヨークで開催されたbet365 North American Championshipで優勝し、彼のキャリアで最大の勝利を収めた。 テキサス出身のゲイツは、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われた試合でダニー・バギッシュを6-3で破り優勝し、1万ドルの賞金とC […]

2021/22 William Hill World Darts Championshipを終えてのPDCオーダーオブメリットを更新。PDCオーダーオブメリットはPDCで直近2年間で獲得した賞金ランキングのことである(賞金ランキングに加算されない大会もある)。 今回のWorld Championsh […]

2021/22 William Hill World Darts Championshipは最終日を迎え、マイケル・スミスとピーター・ライトによる決勝戦が行われた。この決勝戦をピーター・ライトが7-5で制して、2度目のワールドチャンピオンとなった。ピーター・ライトはトロフィーと優勝賞金£500,00 […]

ついに2021/22 William Hill World Darts Championship(ワールドダーツチャンピオンシップ)は決勝戦を残すのみとなり、決勝戦はピーター・ライトとマイケル・スミスの対戦となった。 試合は1月3日(日本時間1月4日AM5:00)より行われる。決勝戦のゲームフォーマ […]

2021/22 William Hill World Darts Championshipの15日目は準決勝のが2試合行われた。 マイケル・スミス 対 ジェイムズ・ウェイド マイケル・スミス 6-3 ジェイムズ・ウェイド スミス ウェイド 100.98 Average 95.43 16 180 5 […]

>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS