【1月2日】 Day15 準決勝対戦スケジュール【2021/22 William Hill World Darts Championship】

2021/22 William Hill World Darts Championship 15日目では準決勝が行われる。試合はイブニングセッションのみでの進行となり、ゲームフォーマットはベストオブ11セット(6セット先取)で行われる。

1月2日 準決勝 第1試合 (日本時間1月3日AM4:40)

ジェイムズ・ウェイド マイケル・スミス


1月2日 準決勝 第2試合(日本時間1月3日AM6:30)

ピーター・ライト ゲイリー・アンダーソン



ジェイムズ・ウェイド 対 マイケル・スミス

現PDC4位のジェイムズ・ウェイドは、準決勝でマーヴィン・キングに5-0のストレートで勝利して準決勝へと進出している。

ウェイドは準決勝までにわずか1セットしか奪われていない。

William Hillの準々決勝終了時の優勝予想オッズでは8/1で4番目となっている。


現PDC9位であるマイケル・スミスは、今大会の準々決勝でPDC1位のガーウェン・プライスに勝利し準決勝に進出している。また、第4ラウンドでは2021年に最も活躍した選手であるジョニー・クレイトンにも勝利をしている。

William Hillの準々決勝終了時での優勝オッズでは11/8でトップ。



ピーター・ライト 対 ゲイリー・アンダーソン

ピーター・ライトは、2019/2022World Darts Championshipのチャンピオンであり現PDC2位。直近では2021年11月に開催されたプレイヤーズチャンピオンシップファイナルズで優勝している。

今大会では、日本の山田勇樹を破ったカラン・リッツとの準々決勝を制して準決勝へと進出している。

William Hillの準々決勝終了時の優勝予想オッズでは13/8で2番となっている。


ゲイリー・アンダーソンは過去に2度World Darts Championshipで優勝をしている言わずとしれた実力者。昨年のWorld Darts Championshipでも決勝へ進出し準優勝している。

今大会ではエイドリアン・ルイスやロブ・クロスといったWorld Darts Championshipの優勝経験者を破って準決勝へと進出している。

William Hillの準々決勝終了時の優勝予想オッズでは4/1で3番手となっている。



オフラインのためランキングが表示できません

>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS