PDC

2022プレミアリーグNight 11 結果と順位表【2022.4.21】

dartsking

プレミアリーグNight11の決勝戦で、ジョニー・クレイトンは平均103.40のアベレージでマイケル・ヴァン・ガーウェンを破り、今シーズン3勝目を挙げてプレミアリーグで首位に立った。

クレイトンは試合後のインタビューで「第16夜までに、トップ4に入っていれば、どこにいてもいいんだ。」とコメントをした。

マイケル・ヴァン・ガーウェンは、5−4の場面で迎えたマッチダーツの36(D18)を外した事で優勝を逃し2位へと順位を落としたが、3位のジェイムズ・ウェイドとは5ポイントの差があるためプレイオフに向けては優勢の状態となっている。

[sitecard subtitle=2022プレミアリーグについて url=https://www.darts-king.jp/entry/2022-cazoo-premier-league]



プレミアリーグNight11 試合結果・順位表

2022 カズー・プレミアリーグ第11夜

4月21日(日本時間4月22日早朝)


準々決勝

ジョニー・クレイトン 6-2 ゲーリー・アンダーソン

ピーター・ライト 6-5 ジョー・カレン

ジェームス・ウェイド 6-5 マイケル・スミス

マイケル・ヴァン・ガーウェン 6-3 ガーウェン・プライス


準決勝

ジョニー・クレイトン 6-5 ピーター・ライト

マイケル・ヴァン・ガーウェン 6-3 ジェームズ・ウェイド


決勝戦

ジョニー・クレイトン 6-5 マイケル・ヴァン・ガーウェン


 Name Point Nights WonMatches WonLeg DiffLegs WonLWAT
1Jonny Clayton26315+1311242
2Michael van Gerwen25315+4112450
3James Wade20112010131
4Peter Wright20111+19931
5Joe Cullen1519-48632
6Gerwyn Price1116-96825
7Michael Smith805-156420
8Gary Anderson 714-155518



[archivelist cat=5 num=5]

記事URLをコピーしました