2022ワールドカップオブダーツDay2結果【後藤智弥選手・鈴木徹選手出場】

現地時間6月17日に行われた2022 ワールドカップオブダーツ(Cazoo World Cup of Darts)2日目では、1日目に続いて第1ラウンドが8試合行われた。この日は注目の第1シードであるイギリスと2021ワールドカップで優勝したスコットランドが登場。また、最終試合では日本の後藤智弥&鈴木徹ペアがベルギーと対戦した。

画像:マイケル・スミス

マイケル・スミス&ジェイムズ・ウェイドの2人による第1シードのイングランドはチェコ共和国に5-1で勝利。

2人組のチームが交互に投げる6レッグの間にマイケル・スミスは3本の180を決める活躍をみせた。

3度目のワールドカップ出場となるジェイムズ・ウェイドは「これまでマイケル・スミスほど意気投合した選手はいないよ。スミスが得点してくれたから心強かった」と語った。

画像:スコットランド(左ライト:右ヘンダーソン)

2021ワールドカップチャンピオンとなったピーター・ライトとジョン・ヘンダーソン ペアのスコットランドは香港に5-1で快勝してタイトル防衛に1歩全身。

ジョン・ヘンダーソンは「優勝するためにここに来ています。もう1度勝てないわけがない。世界最高峰の選手とプレーしているのだから」とコメントした。

最終試合では日本とベルギーが対戦。

ベルギー先行のLEGで後藤智弥が96を決めてブレイクする場面も見られたが、最後までベルギーからゲームの主導権を奪うことがでず、ベルギーが平均91のダーツで勝利した。


ワールドカップオブダーツDay2結果

画像:ポーランド代表 クリストフ・ラタイスキー

ラトビア 5-1 ハンガリー

ポーランド 5-4 アメリカ

スウェーデン 5-2 南アフリカ

ポルトガル 5-3 イタリア

オーストラリア 5-2 リトアニア

イングランド 5-1 チェコ共和国

スコットランド 5-1 香港

ベルギー 5-2 日本


オフラインのためランキングが表示できません

>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS