2021PDCワールドカップオブダーツ最終日日程とここまでの結果【9/12】

2021年9月9日より開催されているPDCワールドカップオブダーツ(World Cup of Darts)も残すは最終日のみとなった。

→【まずは】PDCワールドカップについて

最終日も2部制になっており、アフタヌーンセッションで準々決勝の4試合、イブニングセッションで準決勝と決勝を行う。

準決勝・準々決勝のゲームフォーマットはベストオブ7LEG(4LEG先取で勝利)の501シングルスを2試合行い、シングルスの結果が1対1になった場合のみベストオブ7のダブルスの501が行われる。

決勝戦のゲームフォーマットはベストオブ7LEG(4LEG先取で勝利)の501シングルスを2試合行う。次に、ベストオブ7LEGのダブルスを行う。その後、ベストオブ7LEG(4LEG先取で勝利)の501シングルスを相手を変えて行う。最大5ゲームが行われ、3ゲームを先取したチームの勝利となる。

最終日対戦カード

アフタヌーンセッション
準々決勝
オーストリア 対 北アイルランド
イングランド 対 ドイツ
ウェールズ 対 オーストラリア
オランダ 対 スコットランド

イブニングセッション

準決勝

決勝

2021PDCワールドカップここまでの結果

【1日目ーラウンド1①】

リトアニア 5 – 3 ハンガリー
ポーランド 5 – 2 チェコ共和国
シンガポール 5 – 4 ジブラルタル
アメリカ 5 – 0 スウェーデン

スコットランド 5 – 0 中国
オランダ 5 – 1 デンマーク
ウェールズ 5 – 2 フィンランド
オーストラリア 5 – 0 イタリア

【2日目 ラウンド1②】

日本 5-1 ロシア
南アフリカ 5-4 スペイン
ポルトガル 5-4 アイルランド共和国
オーストリア 5-1 フィリピン
北アイルランド 5-4 香港
ドイツ 5-3 カナダ
イングランド 5-2 ブラジル
ベルギー 5-2 ギリシャ

【3日目】アフタヌーンセッション

北アイルランド2-0ポルトガル
シングルス1:ブレンダン・ドーラン4-0ホセ・マルケス
シングルス2:ダリル・ガーニー4-0ホセ・デソーザ
ダブルス無し

イングランド2-0南アフリカ
シングルス1:ジェイムズ・ウェイド4-1カール・ガブリエル
シングルス2:デイブ・チスナル4-2デボン・ピーターセン
ダブルス無し

オーストラリア2-0アメリカ
シングルス1:サイモンウィットロック4 -3 ダニー・ロビー
シングルス2: デイモン・ヘタ 4-2 チャック・プレオ
ダブルス無し

ベルギー0-2オーストリア
シングルス1:キム・ホイブレヒト1-4メンスール・スルジョビッチ
シングルス2:ディミトリ・ヴァン・デンバーグ2-4ロビー=ジョンロドリゲス
ダブルス無し

【3日目】イブニングセッション

スコットランド2-0ポーランド
シングルス1:ピーターライト 4-3 クリストフクチュク
シングルス2:ジョンヘンダーソン 4-2 クリストフラタジスキ
ダブルス無し

ドイツ2-1日本
シングルス1:ガブリエルクレメンス 4-2 松田淳
シングルス2:マックスホップ 0-4 馬場能久
ダブルス:ドイツ 4-2 日本

オランダ2-0シンガポール
シングルス1:マイケルヴァンガーウェン 4-0 ポールリム
シングルス2:ダークヴァンデュイベンボーデ 4-3 ハリスリム
ダブルス無し

ウェールズ2-1リトアニア
シングルス1:ガーウィン価格 4-2 ミンダウガスバラウスカス
シングルス2:ジョニークレイトン 2-4 ダリウスラバナウスカス
ダブルス : ウェールズ 4-3 リトアニア

PDCワールドカップの賞金

ワールドカップの賞金総額は£350,000(約5,324万円)であり、順位毎の賞金金額は以下の通りの設定となっている。*ワールドカップの賞金はPDCオーダーオブメリットの賞金ランキングに加算されない。

*表記は選手1名あたりの金額(チーム合計金額は表示の2倍)。

優勝 – £35,000(約530万円)

準優勝 – £20,000(約304万円)

ベスト4 – £12,000(約182万円)

ベスト8 – £8,000(約121万円)

ベスト16 – £4,000(約61万円)

初戦敗退 – £2,000(約30万円)

タイトルとURLをコピーしました