2021PDCヨーロピアンチャンピオンシップ決勝戦

2021年のヨーロピアンチャンピオンシップは決勝戦でロブ・クロスが11-8でマイケル・ヴァン・ガーウェンを破り優勝した。

「この1年半は、僕の人生の中でも最も大変な時期でしたが、こうしてまた勝てて嬉しいです。」と2019年以来のタイトルを獲得したロブ・クロスは語りました。

ロブ・クロスはこの勝利で£120000の賞金を手に入れ、大会前には16位以下に脱落する可能性もあったPDCオーダーオブメリットは11位に浮上した。

マイケル・ヴァン・ガーウェンは準々決勝でガーウェン・プライスを準決勝でネイサン・アスピナルを見事に打ち破り決勝に進出していた。

準々決勝のプライス戦では平均107.74、準決勝のアスピネル戦では平均103.41と、どちらもハイパフォーマンスを見せたいた。

マイケル・ヴァン・ガーウェンは過去に4度のヨーロピアンチャンピオンシップでの優勝経験があり、5度目のタイトル獲得に向けて決勝戦に望んでいた。

しかし、決勝戦ではダブルを27回外し、決定機を決めることができなかった。「決勝戦のようなプレーをすれば、負けて当然だ」とヴァン・ガーウェンは語った。

この優勝により、クロスは11月に開催されるCazoo Grand Slam of Dartsへの出場権を獲得した。

クロスは、「今回の優勝は、僕にとってターニングポイントになると思います。」と語った。

>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS