2019PERFECT女子 上位8名の賞金

PERFECT女子賞金制度について

PERFECTは大会にはPT300,PT200,PT100の3つのグレードがあり、大会のグレードによって賞金額が変わる。

2019シーズンは女子のPT100の試合は開催されなかった。

大会グレード

1位

2位

3位タイ

5位タイ

9位タイ

PT300

70

30

12

6

3

PT200

50

20

8

3.5

1.5

*賞金の単位は万円

 

2019シーズン獲得ポイントと獲得賞金

試合数は全22試合の結果はこちら。

順位

名前

ポイント

賞金(万円)

1

佐藤 かす美

2686

357.5

2

大城 明香利

2273

247

3

周 莫默

2266

506

4

藤野 裕加里

2256

212

5

清水 希世

2084

221.5

6

大内 麻由美

1902

188.5

7

本野 千秋

1604

97

8

牧野 百花

1477

55.5

darts-king.jp

シーズン途中から参戦の周プロが9度の優勝で賞金額ではダントツのトップ。周プロは22戦中10戦は参加していない。

年間ランキングでは佐藤プロが今年もトップで終えた。


年間総合ポイントランキング賞金を加算した金額

PERFECT女子には、年間ポイントの順位に応じて下記の金額の年間総合ランキング賞金がある。

1位

2位

3位

4位

5~8位

200

100

60

40

25

*単位は万円


上記金額を賞金に加算した金額

順位

名前

ポイント

賞金(万円)

1

佐藤 かす美

2686

557.5

2

大城 明香利

2273

347

3

周 莫默

2266

566

4

藤野 裕加里

2256

252

5

清水 希世

2084

221.5

6

大内 麻由美

1902

213.5

7

本野 千秋

1604

122

8

牧野 百花

1477

80.5

darts-king.jp

年間ランキングは3位ながらも、獲得金額では周プロが1位となった。

2020年シーズンも開幕より参戦の周プロの動向に注目が注がれるだろう。

<比較記事>

2019シーズンJAPANLADIES8の賞金

2019シーズンJAPAN16の賞金

2019シーズンPERFECT男子賞金


PERFECT関連記事

プレミアリーグNight11の決勝戦で、ジョニー・クレイトンは平均103.40のアベレージでマイケル・ヴァン・ガーウェンを破り、今シーズン3勝目を挙げてプレミアリーグで首位に立った。 クレイトンは試合後のインタビューで「第16夜までに、トップ4に入っていれば、どこにいてもいいんだ。」とコメントをした […]

ルーク・ハンフリーズは、ミュンヘンのゼニスで開催されたジャーマンダーツ・グランプリで初の欧州ツアータイトルを獲得した。 元ワールドユース・チャンピオンであるハンフリーズは、2021年のUKオープンで決勝に進出し、今年の初めには初のプレイヤーズチャンピオンシップで優勝するなど、この1年半で世界のトップ […]

2022年のUKオープンが3月3日に開幕する。UKオープンは賞金総額45万ポンド(約6,900万円)、優勝賞金10万ポンドのPDCプレミアイベント。 出場者はPDCツアーカードホルダー126名、アマチュア予選通過選手16名、2021年のデベロップメントツアーとチャレンジツアーで出場資格を獲得した選手 […]

今年最初のヨーロッパツアーイベントであるインターナショナルダーツオープン最終日は、アフターヌーンセッションで3回戦、イブニングセッションで準々決勝・準決勝・決勝が行われた。 決勝戦の舞台でPDC1位のガーウェン・プライスと2位ピーター・ライトの直接対決が行われた。勝った方がPDC1位となる試合をガー […]

2022プレミアリーグNight3が2月17日(日本時間2月18日朝)に行われた。このプレミアリーグNight3は、ガーウェン・プライスが1晩で2度の9ダーツフィニッシュを達成して優勝した。 プライスは準決勝のマイケル・ヴァン・ガーウェン戦と決勝のジェイムズ・ウェイド戦で9ダーツを達成。圧倒的強さで […]

>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS