【2019PERFECT第13戦静岡】大会結果と年間ポイント・賞金獲得額更新

2019年6月8日

2019PERFECT 第13戦 静岡大会が開催されました。。

 

今大会は現在年間ランキング1位の浅田斉吾プロがPDCワールドカップの為に不在で行われる一戦となった。

 

注目の移籍を遂げた男

 

 

注目は、unicornへ移籍後初の試合となった鈴木徹プロ。

ユニフォームが間に合わなかったとのことで、MONSTER時代のユニフォームの胸にunicornのワッペンを、背中のMONSTERの文字が記載されていた部分を黒のテープで隠しての出場となりました。

 

心配とは裏腹に、予選スタッツは全体の1位のPPD38.10をマーク。

好調具合を決勝ラウンドに進出してからも見せ続けてくれました。

 

ベスト16のやんまーこと山田勇樹プロとの一戦の5LEG目はこの日のなかで1,2を争うほどの歓声が上がった試合でした。

 

西谷譲二プロ→山田勇樹プロ→西哲平プロ→森窪龍己プロとPERFECTの看板プレイヤーを次々と倒して決勝へと駒を進めます。

 

 

もう一人の観客を魅了したプレイヤー

 

予選はロビン2位抜けだったものの、その後の決勝ラウンドはキレのあるダーツをする知野真澄の姿があった。

 

知野真澄も2018年の第4戦山口大会より1年以上優勝から遠ざかっている。

また、今シーズンも出遅れ年間ランキングは7位のポジションとなっている。

 

 

知野真澄VS鈴木徹の決勝戦

どちらが勝っても久しぶりの優勝となる一戦。

 

知野真澄が先行の第1セットはお互いが先行のゲームをキープ。知野真澄が第1セットを獲得。

 

ゲームが動いたのは第2セットの1ゲーム目。

鈴木徹プロ先行の501

スタートに遅れた鈴木徹プロの隙をすかさず知野真澄プロが攻めてブレイクスタート。

 

あとの無くなった鈴木徹プロは先カットをしてくる知野真澄プロとの我慢の打ち合いの末にブレイクバック。

 

その後の501をキープしてセットカウント1-1となります。

 

 

運命の最終LEG

鈴木徹プロ先行のクリケットを知野真澄プロがブレイク

その後の知野真澄プロが先行のクリケットを鈴木徹プロがブレイクバックと面白い展開に。

 

最終レグ

コークで知野真澄プロ先行のクリケットとなります。

 

そして、知野真澄プロ痛恨の2マークスタート...

先行後攻入れ替わるかとおもわれたが、鈴木徹プロが20のシングル3本キープに留まり、すかさず知野真澄プロの19オープン→20カット→19加点

 

その後のT17でカット→T19加点→T18でオープンのホワイトホースで勝負あり。

 

 

 

知野真澄プロ1年以上の期間があいての優勝です。

 

準優勝の鈴木徹プロもナイスダーツでした。

 

 

 

PERFECT第13戦を終えての年間ポイントと獲得賞金

 

f:id:siiiza:20190608183750p:plain

 

優勝の知野真澄プロが7位→6位へと浮上

 

今後の活躍に目が離せません。

 

 

 

 

 

ではまた、次回大会後に更新します。お楽しみに!