PDCワールドカップとは!?【浅田斉吾プロ・村松治樹プロ出場】

f:id:siiiza:20190602113830p:plain

 

2019 PDC World Cup of Darts

6/6から6/9にドイツで開催される。

 

PDCワールドカップ(PDC World Cup of Darts)とは2010年にPDCというイギリスで設立されたダーツプロ団体が主催する大会。

 

32ヶ国が参加し、トーナメント形式で対戦します。

 

出場者は各国のPDCランキング上位2名。

2019年の日本はPDCアジアツアーの上位2名。2018年と同じ浅田斉吾プロと村松治樹プロのペアが出場となります。

 

トーナメントの組み合わせは5月16日に抽選が行われ、すでに決定しています。

 (上画像参照)

 



 破格の賞金額

 

賞金総額は£350,000(スターリング・ポンド)で過去最高額

昨年の£300,000よりも£50,000も賞金額が上がっています。

 

 

賞金額

日本円

優勝

£70,000

¥9,800,000

準優勝

£40,000

¥5,600,000

ベスト4

£24,000

¥3,360,000

ベスト8

£16,000

¥2,240,000

ベスト16

£8,000

¥1,120,000

ベスト32

£4,000

¥560,000

£1=¥140で計算

 

優勝は£70,000!日本円で約¥9,800,000!

参加するだけで¥560,000!

出場できるだけで¥560,000なんです!

 

 

出場できる事が名誉のある試合ということが賞金額をみると分かります。

 

日本からドイツとなると飛行機や宿泊費がかかります。

家族や関係者が同伴となるとベスト32では赤字になる可能性は高いです。

とはいえ、もともとお金の事など気にならないくらい稼げる実力がないとこの大会に出場することすら出来ないですからね(笑)

それに名誉のある大会なので渡航費や宿泊費もスポンサーから支給されている事でしょう。(あくまでも推測ですが)

 

 

過去の優勝国

 

優勝

準優勝

イングランド

4

1

オランダ

4

1

スコットランド

0

2

ウェールズ

0

2

オーストリア

0

1

ベルギー

0

1

 

過去にフィルテイラー率いるイングランドが4度の優勝

マイケル・ヴァン・ガーウェン&レイモンド・ヴァン・バルネフェルトのペアの優勝3度を含むオランダが4度の優勝をしています。

 

また、マイケル・ヴァン・ガーウェン&レイモンド・ヴァン・バルネフェルトペアは2017年・2018年と連勝中です。

 

しかし、今回2019年はPDCランキング上位2名のシステムにより、オランダはマイケル・ヴァン・ガーウェンとジャーメイン・ワッティメナのペアでの出場となりました。

 

 

 

 

日本時間だと6月7日の3:00より試合が開始となります。

随時試合結果を更新していきます。