日本と海外のダーツの賞金の違い

 

ダーツの本場はイギリス。

 

ダーツの本場イギリスでは、得にハードダーツが栄えています。

 

 

イギリスではダーツの人気が非常に高く、Sky-SportsなどいくつかのTV局にて中継されています。

現在の日本では競技人口や競技としてのダーツの知名度が低く、視聴率が確保できるとは考えられないため実現し難いです。

 

 

 

また、William Hillといった英国のブックメーカー(賭け屋)がダーツを賭け事の対象としており、スポンサーとなっています。

(日本のサッカーでいうBIGやTOTOといったような存在)

 

 

Sky-Sportsなどといったテレビの放映権やブックメーカーがバックについていることで、イギリスのダーツは大会の規模が大きいです。

 

 

PDC(イギリスのプロ団体)の大会の一つであるPDCワールド・ダーツ・チャンピオンシップはなんと

優勝賞金が£200,000

1ポンドは日本円で約140円です。

ざっと単純計算で¥28,000,000です

 

ちなみにベスト64で£6,000  (¥840,000)

ナインダーツは£10,000 (¥1,400,000)

 

 

 

日本のソフトダーツプロ団体PERFECTのPT300が優勝賞金¥1,500,000/JAPANが¥1,200,000となっている。

優勝賞金がワールド・ダーツ・チャンピオンシップのベスト32前後となっています。

 

ソフトダーツだとスーパーダーツの1000万円が最高優勝賞金。

しかし、スーパーダーツは毎年行われるわけではないです。

 

 

PDCの開催する大会は13あり、賞金が日本円で1000万円を超える大会は複数あります。

 

 

PDCランキング1位のマイケル・ヴァン・ガーウェン選手は2年間で約2億2千万円を獲得しています。

(*PDCの賞金ランキングは2年間の獲得賞金で決定する。)

 

 

日本のトップの浅田選手のPERFECTだけでの1年間の賞金が約2,000万円

PDCのガーウェンが平均値すると1年で約1億1千万円

 

ちなみにPDCランキング50位の選手であっても2年間で1300万円稼いでいますのでダーツのみで生活ができてしまいます。

 

 

日本でも鈴木未来選手のように世界で活躍することが、TV局などにダーツが注目されるチャンスです。

いつか日本でもダーツがYouTubeではなくTVで中継される日がくることを願うばかりです。