PERFECT

【2019PERFECT 第26戦群馬】ここまでの上位陣の獲得賞金額更新

PERFECT群馬大会

久しぶりの参戦となった浅田斉吾に注目の目が注がれる幕開けとなった。

 大会を乱した男 田中駿助

年間ランキング3位の鈴木徹が予選落ちとなった。

鈴木康太・鈴木徹・三浦正貴と上位陣が1つのラウンドロビンに集結。

いわゆる鬼ロビンというやつだ。

多くの人間がこの3人が予選を通過すると予想していただろう。

この面々がいる中4-0 勝ちレグ8 負けレグ0で予選を1位通過したのが田中駿助だ。

昨年のチャレンジトーナメントで佐竹上仰プロを倒して優勝し、今期全戦サポートを受けている選手だ。

そして、予選敗退となった鈴木徹

その後も、田中駿助の勢いは止まらずベスト16で山田勇樹プロをも倒してベスト8進出。

上位陣の早々での敗退・・・追いつくチャンスの知野真澄

決勝は…知野真澄VS浅田斉吾

さすがは浅田プロ…安定の決勝進出です。

YouTubeLiveでTBも優勝予想は浅田・周だと言い切ってしまうほど(笑)

この決勝から名勝負が生まれます。

それぞれが先行のセットをキープして最終セット

まずは先行の知野真澄が先行のクリケットをキープ

そして・・・!!!

浅田斉吾先行のクリケット

まずは浅田プロが5マーク

ここからです。

知野プロ

T19→T20→T18

浅田プロ

T17→S3→S17

知野プロ

T17→T16→T15

ビーーーーッグラーーーゥン

優勝は知野真澄プロです。

ここまでの上位陣の賞金など

f:id:siiiza:20190930210547p:plain

また次回大会後に更新します。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。