2021ワールドユースチャンピオンシップ結果

11月28日にマインヘッドで開催された2021ワールドユースチャンピオンシップは、決勝戦でテッド・エベッツがネイサン・ラファティを6-4で破りタイトルを獲得した。

24歳のテッド・エベッツは今回のワールドユースチャンピオンシップが7回目の挑戦で年齢制限のため最後の出場であった。

ワールドユースチャンピオンシップについて

2021年のPDCワールドユースチャンピオンシップ(WORLD YOUTH CHAMPIONSHIP)が11月28日に開催される。2021ワールドユースチャンピオンシップは24歳以下のPDCツアーカードホルダー上位10名、UKデベ[…]

エベッツは試合後のインタビューで「ベスト16にも残れなかった16歳の僕に言ったら、このトロフィーを持ってここに立っているなんて信じられないだろうね」とコメントした。

また、「これまでのところ、自分がシニアの世界で活躍できるところを見せられたとは思っていません。まだまだこれからです。これをきっかけにして、将来、大舞台で成功したいと思います。」と今後の意気込みを語った。


優勝したエベッツには£10,000(約150万円)の賞金と2022グランドスラムの出場権が贈られた。また、優勝者には2021/22ワールドダーツチャンピオンシップの出場権が与えられるが、エベッツはPDCプロツアーオーダーオブメリットで既に出場権を獲得していた。

準優勝のネイサン・ラファティには£5,000(約75万円)の賞金と2022グランドスラムの出場権が贈られた。

2021ワールドユースチャンピオンシップ結果

2021年ユニコーン・ワールドユース・チャンピオンシップ

グループステージ

グループA

カラン・リッツ 4-0 ジョン・ブラウン

ジャック・マーレ 4-0 オーウェン・ロエロフス

ジャック・マーレ 4-1 カラン・リッツ

オーウェン・ロエロフス 4-3 ジョン・ブラウン

カラン・ライツ 4-1 オーウェン・ロエロフス

ジャック・マーレ 4-1 ジョン・ブラウン


グループB

アダム・ゴーラス 4-2 リース・コリー

ネイサン・ラファティ 4-0 ジョシュア・リチャードソン

アダム・ゴーラス 4-2 ネイサン・ラファティ

リース・コリー 4-2 ジョシュア・リチャードン

アダム・ゴーラス 4-0 ジョシュア・リチャードソン

ネイサン・ラファティ 4-3 リース・コリー


グループC

リアム・ミーク 4-2 キーン・バリー

中村周作 4-2 ジャーレッド・コール

キーン・バリー 4-2 ジャーレッド・コール

リアム・ミーク 4-2 中村周作

キーン・バリー 4-3 中村周作

リアム ミーク 4-1 ジャーレッド・コール


グループD

ティアラン・ティーハン 4-3 ドム・テイラー

ゲルート・ネンチュス 4-0 ビクター・マヌエル・ロドリゲス

ティアラン・ティーハン 4-1 ゲルート・ネンチュス

ドム・テイラー 4-2 ビクター・マヌエル・ロドリゲス

ティアラン・ティーハン 4-2 ビクター・マヌエル・ロドリゲス

ゲルート・ネンチェス 4-3 ドム・テイラー



グループE

ブラッドリー・ブルックス 4-1 ルイス・プライド

リー・ロク・イン 4-0 トビアス・フィッシャー

ブラッドリー・ブルックス 4-2 リー・ロク・イン

ルイス・プライド 4-0 トビアス・フィッシャー

ブラッドリー・ブルックス 4-3 トビアス・フィッシャー

ルイス・プライド 4-3 リー・ロク・イン


グループF

ラスティ-ジェイク・ロドリゲス 4-1 ケビン・ドーツ

ファビアン・シュムッツラー 4-3 ジュルジェン・ヴァン・デル・ヴェルデ

ラスティ-ジェイク・ロドリゲス 4-3 ファビアン・シュムッツラー

ケビン・ドーツ 4-2 ジュルジェン・ヴァン・デル・ヴェルデ

ラスティ-ジェイク・ロドリゲス 4-2 ジュルジェン・ヴァン・デル・ヴェルデ

ケビン・ドーツ 4-0 ファビアン・シュムッツラー


グループG

テッド・エヴェッツ 4-3 ニコ・スプリンガー

キーラン・ケイ 4-0 セバスチャン・ビアレッキ

テッド・エヴェッツ 4-1 キーラン・ケイ

ニコ・スプリンガー 4-1 セバスチャン・ビアレッキ

テッド・エヴェッツ 4-2 セバスチャン・ビアレッキ

キーラン・ケイ 4-0 ニコ・スプリンガー


グループH

ルイー・ウェイリアムズ 4-0 ニールス・ゾンネフェルド

マイケル・バーバーグ 4-3 キャメロン・アンダーソン

ルイー・ウィリアムズ 4-2 マイケル・バーバーグ

ニールス・ゾンネフェルド 4-0 キャメロン・アンダーソン

ルイー・ウィリアムズ 4-1 キャメロン・アンダーソン

ニールス・ゾンネフェルド 4-2 マイケル・バーバーグ


ノックアウトステージ(決勝トーナメント)

ベスト16

ネイサン・ラファティ 5-0 ジャック・マーレ

アダム・ガウラス 5-4 カラン・ライツ

ゲルト・ネンチュス 5-2 リアム・ミーク

キーン・バリー 5-1 シアラン・ティーハン

ケビン・ドーツ 5-3 ブラッドリー・ブルックス

ラスティ-ジェイク・ロドリゲス 5-1 ルイス・プライド

テッド・エヴェッツ 5-0 ニールス・ゾネヴェルト

キーラン・ケイ 5-1 ルイー・ウィリアムズ


準々決勝

ネイサン・ラファティ 5-4 アダム・ガウラス

ゲルト・ネンチュス 5-3 キーン・バリー

ケビン・ドーツ 5-1 ラスティ-ジェイク・ロドリゲス

テッド・エヴェッツ 5-3 キーラン・ケイ


準決勝

ネイサン・ラファティ 5-3 ゲルト・ネンチュス

テッド・エヴェッツ 5-1 ケヴィン・ドーツ


決勝

テッド・エヴェッツ 6-4 ネイサン・ラファティ



6月16日(日本時間6月17日)に開幕したワールドカップオブダーツの初日は、2020年のチャンピオンのウェールズ、4度の優勝国のオランダ、ホスト国のドイツなどのスターが登場し会場を盛り上げた。 PDC2位のガーウェン・プライスとPDC8位のジョニー・クレイトンによる強ペアのウェールズはペアでのダーツ […]

2022ワールドカップオブダーツ(2022 Cazoo World Cup of Darts)が日本時間6月17日AM2:00より開幕する。ワールドカップは32カ国の2人ペアチームで行われる国別のPDCイベントで4日間に渡って開催される。注目の日本代表の後藤智弥・鈴木徹ペアは2日目の最終試合で登場す […]

2022年6月16日より開催されるカズーワールドカップオブダーツ(2022 Cazoo World Cup of Darts)は、32の国が2人1組で出場するトーナメントとなっている。第1ラウンドは2日間に分かれて行われる。大会3日目で第2ラウンドが4試合行われ、最終日にクオーターファイナルから決勝 […]

スコット・ウィリアムズが6月15日に行われたプレイヤーズチャンピオンシップ17で優勝し記録的快挙を達成。2022年6月現在スコット・ウィリアムズはPDCツアーカードを保有しいないにも関わらず、今回の優勝でPDCプロツアーのタイトルを獲得した。これは2018年のクリストフ・ラタイスキー以来の快挙となっ […]

マイケル・スミスが6月14日に行われたプレイヤーズチャンピオンシップ16で優勝。プレイヤーズチャンピオンシップ14と15に続いて3戦連続での優勝となった。 マイケル・スミスはPC16トーナメント1日を通しての平均が約101と脅威のダーツをプレーした。決勝戦では惜しくも準優勝となったダイヴェンボートが […]

>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS