マイケル・ヴァン・ガーウェン欲しかった今年初のタイトル

PDC

マイケル・ヴァン・ガーウェンはノルディックダーツマスターズでの勝利で、2021年の彼自身の最初のタイトルを見事に獲得しました。

【ノルディックダーツマスターズ結果】

ヴァン・ガーウェンは、昨年11月のプレーヤーズチャンピオンシップファイナルでの優勝からほぼ10か月間タイトルから遠ざかっていました。

ガーウェンはトロフィーを持ち上げたときに涙を流しながら語りました。

「これに勝つことは私にとって大きな意味があり、非常に誇りに思っています。」

「私は本当に大変な時期を過ごしてきました。肩には大きなプレッシャーがかかりました。」

「トロフィーを獲得するのに長い時間をかけることとなってしまいました。自分にとって長すぎましたが、このトーナメントはすべてが素晴らしいものでした。」

「彼女(ファロン)は驚異的なプレーをしました。彼女は決勝で彼女の人生で最高のゲームの1つをプレーしたと思います。」

「今週末は誰にとっても驚異的なダーツに値する日になったと思います。全体的にとても上手くプレーしました。」

「ファンは本当に素晴らしかったです、そして私は感謝することしかできません。私は来年この舞台に戻ってくることができることを願っています。」

>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS