【10/8】ワールドグランプリ Day6 準決勝結果

開催6日目の2021ワールドグランプリで準決勝が行われた。

準決勝第1試合は2021プレミアリーグのチャンピオンであるジョニー・クレイトンとワールドグランプリ1回戦で元PDC1位のマイケル・ヴァン・ガーウェンに勝利したダニー・ノッパートの試合、準決勝第2試合は現PDC1位のガーウェン・プライスとスティーブン・バンティングの試合が行われた。

準決勝第1試合、ジョニー・クレイトンは平均約95の見事なダーツでダニー・ノッパートにセットカウント4-1で勝利をした。

また、第2試合ガーウェン・プライスは約平均89のダーツでスティーブン・バンティングから勝利をした。プライスはセットカウント0-2で負けていたところからの逆転勝利となった。

ワールドグランプリ最終日の決勝はジョニー・クレイトンとガーウィン・プライスの対戦が行われる。9月に行われたワールドカップでウェールズ代表チームとして戦った2人による試合となった。

決勝戦のゲームフォーマットはベストオブ9セット(5セット先取で勝利)のダブルイン・ダブルアウトルールで行われる。


【関連記事】

2021ワールドグランプリについて

Day1結果 / Day2結果 / Day3結果 / Day4結果 / Day5結果

準決勝結果

2021年ボイルスポーツワールドグランプリ

10月8日Day6 準決勝

ジョニー・クレイトン 4-1 ダニー・ノッパート(3-1、1-3、3-1、3-2、3-0 )

ガーウィン・プライス 4-2 スティーブン・バンティング (1-3, 2-3, 3-2, 3-1, 3-2, 3-0)




準決勝終了時点でのトーナメントの進行状況は以下のようになっている。

画像:2021ワールドグランプリトーナメント表


決勝戦の対戦カード

10月9日 Day7 決勝戦

ガーウィン・プライス対ジョニー・クレイトン




PDC | ワールドグランプリ



>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS