【10/3】ワールドグランプリDay1結果

10月3日、ついに2021PDCワールドグランプリが開幕した。

【まずは】PDCワールドグランプリについて

開幕初日に前回チャンピオンのガーウィン・プライス(PDC1位)はマイケル・スミス(PDC9位)との難しい戦いをセットカウント2-0で勝利し、最高の形でワールドグランプリのスタートを切った。

ダブルインダブルアウトの特殊なルールの今大会であったが、スタートのダブル成功率45%、フィニッシュのダブル成功率は50%を決めたプライスは「プレッシャーのなかでもいい全体的に良いダーツができていたと思う。ここ数ヶ月はダブルが私を救ってくれている。ダブルスタートにも自信がもてた。」とコメントした。

プライスは5日(Day3)に行われる第2ラウンドで2012年ワールドグランプリの準優勝者であるマービン・キングと対戦する。

マービン・キングはマーティン・クレーマカーをセットカウント2-0で勝利し、プライスの待つ第2ラウンドへと進出した。


2007年と2010年のワールドグランプリで優勝したジェイムズ・ウェイドは、開催地レスターを拠点とするデイモン・ヘタとの試合にセットカウント2-1で勝利。ウェイドは今回の勝利で7年ぶりにワールドグランプリでベスト16へと進出した。

ルーク・ハンフリーズは、前ワールドグランプリで準優勝のダーク・ヴァン・ドゥイベンボーデにセットカウント2-0で勝利を収めた。




Day1結果

10月3日 第1ラウンド

ゲームフォーマット:ベストオブ3セット、1セット5レグ制(3レグ勝利で1セット)。

すべてのレッグはダブルイン、ダブルアウトとし、プレイヤーはまずダブルを打ってから各レッグでの得点を開始する。全ての試合でタイブレイクは行われない。

マービン・キング 2-0 マルティン・クレーマカー(3-2、3-1

ルーク・ハンフリーズ 2-0 ダーク・ファン・ドゥイフェンボーデ(3-1、3-2)

スティーブン・バンティング 2-0 ダリル・ガーニー (3-1, 3-1)

ロス・スミス 2-0 ジョー・カレン (3-0, 3-1)




デイブ・チズネル 2-1 メンスール・スルジョビッチ (3-0, 2-3, 3-1)

ジェームズ・ウェイド 2-1 デイモン・ヘタ (3-2, 1-3, 3-2)

ガーウイン・プライス 2-0 マイケル・スミス (3-1, 3-2)

ライアン・サール 2-1 ディミトリ・ヴァン・デン・バーグ (3-2, 1-3, 3-2)



Day2 ラウンド対戦カード

10月4日 第1ラウンド

ダリウス・ラバナウスカス 対 ブレンダン・ドーラン

カラン・ライツ 対 ジョニー・クレイトン

ビンセント・ファン・デル・ヴォート 対 ガブリエル・クレメンス

ネイサン・アスピナル 対 クシシュトフ・ラタジスキ

ゲイリー・アンダーソン 対 イアン・ホワイト

ピーター・ライト 対 ロブ・クロス

マイケル・ヴァン・ガーウェン 対 ダニー・ノッパート

ホセ・デ・ソウザ 対 グレン・デュラント 





>Darts-King

Darts-King

ダーツキングはダーツの情報サイトです。国内外問わずダーツの大会情報・大会結果・コラムなどを発信しています。PDC公式のメディア登録をされています。

SNS